profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


チャイナチェリー(一重庭桜)
チャイナチェリー(一重庭桜)が沢山実りました。



チャイナチェリーは、
小さな苗を買ったその年から
良く咲き、良く実る木だったのですが、
微妙にその実が美味しくなくて、
毎年、実るけど放置、鳥のエサにしていました。

それでも、
木が充実したら美味しくなるかも?
と淡い期待を抱きつつ・・
今年、久々に生食してみたが、
やっぱり、どうも美味しくない。。

・・薄味のグミって感じの味がします。
不味い訳ではないのですが、
生食するには、何かが足りない味なのです。

ま、でも、これだけ実っているのだから・・
と思って、
今年、初めて、ちゃんと収穫〜
結構たくさん採れました。



あ、大きいのはミニトマトです。
(ついでに収穫)

これだけあれば、ジャムが作れるかも?
ということで、
適当に、グラニュー糖を入れて、火にかけて
やわらかくなった所で、種をとってみた。



実に対して、結構、種が大きいです。
漉し終わった後のが
▼これ



凄く・・赤い。

水は一切、加えていませんが、
そこそこ果実から水が出て、ジャムっぽくなりました。
ペクチンもだいぶ含まれているようで
ちゃんとしたジャムになりました。

生食の味がイマイチだったので、どうかな?
と思っていましたが、
どうした訳か、とても美味しく出来上がりました(笑

酸味がきいてて爽やかなジャムです。
生の時に足りなかったのは、甘味だけって事でしょうか?

ヨーグルトに入れて旨し!



パンにつけても旨し!



あっという間になくなりそうです(^^)
満足です!

鳥さんの片口
先日の記事で、
サラダを盛りつけていた
↓自作のこの器(片口)


この角度だと、
真っ黒でシックな片口に見えるんですが〜

横から見ると
こんなんです(^^;▼


やっぱり
作陶中に「なんか描きてぇ病」発病。

・・変な鳥を描いてます(笑

この時は〜

「櫛(くし)」
※プラスチックの櫛を作陶用に1〜2cm幅に短く切ったもの

を使って何か描けないかなぁ〜?
と思って、模様をつけてたら
(点々とかシュっとしてる模様が櫛でつけたもの)

その模様が、葦(アシ)みたいに見えなくもなかったので、
その流れで、鳥さんの絵になりました。
イメージはシギみたいな水鳥です。

おまけの肉箸置きは、
ちょっと粘土があまった時に
「白い粘土」と「赤い粘土」を使って
時々作っているのですが
なかなかこの肉の焼き色を出すのが難しい〜(笑

骨はほぼ白い信楽粘土オンリーでいい感じです。
また粘土が余ったら挑戦してみ〜す。

サイレントラブまだ食べる!
バラ、サイレントラブの花もひと段落。
そろそろ終わりに近づいて、
だいぶ花が小さくなってきました。



で、また収穫しましたー。
一度、「喰う事」を覚えると、
このまま咲かせて散らしてしまうのは
「勿体ない」
と思うのが人情(←?)

1枚1枚綺麗に洗って〜



キッチンペーパーで水気を拭いたあと、
卵白を付けて、
グラニュー糖をまぶす。

そう、
バラ砂糖です。
砂糖をまぶした後は、
冷蔵庫で約2日乾燥。

色も綺麗に仕上がりました!



食べてみると、
グラニュー糖がジャクジャクしてるので、
花びらの硬さが全く気にならない。
バラの香りも漂って〜
とっても美味しい(≧∇≦)!!
超おすすめです!

ちなみに、
卵白を塗るのとか、
とっても面倒くさいで〜すが、
それでも超おすすめで〜す!

| 1/246PAGES | >>