profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


モミジの本葉
4月に双葉が出た、実生のモミジ(かカエデ)
その後、順調に生育して、
本葉が出ました!

本葉で急にモミジっぽくなりました。



でも微妙に全て葉の形が違います。
左から







どれもイロハモミジ?っぽいように思えますが、
最後のだけ少し雰囲気が違う?かも??
もう少し生長しないと分からないですねー。

それとも実生だと、
混ざったりするのでしょうかね?
モミジに詳しい人が居たら教えて欲しいです。

そして、この鉢ではなく、
他の所に植えていた一番最初に発芽した種!



全くモミジぽくな〜い!

これが、本葉がでた最初だったので、
思ってたんと、ちが〜う!
と、ちょっとガックリいたしました。
ま、その後、先の写真の鉢の方からちゃんとモミジっぽい葉がでてきた事もあり、逆にこの1本が楽しみになってきました。

これは↓ヒトツバカエデですかね?

国営武蔵丘陵森林公園 カエデ園 紅葉ガイドマップより引用

黄色く紅葉するかなー?
これからの変化が楽しみです(^m^)


5月の風景
清々しい五月晴れが快い季節となりました。

5月なので、5月の挨拶からはじめてみました(^^)
GW入ってから、カラッとした晴れが続いて、心地よいですね。

※豆知識:もともと「五月晴れ」は「梅雨の晴れ間」「梅雨の合間の晴天」を意味した言葉ですが、現在は「新暦の5月の晴れ」でも使われるようになった言葉

清々しい空気に誘われて、
普段歩かないコースを歩いてみたら、
レンゲ(レンゲソウ)の花を発見。



大好きな花です(^^)



周りをミツバチが沢山飛んでいました。
レンゲの蜂蜜、美味しいよね〜♪

子供の頃は、レンゲなんて、見つけなくても普通に咲いているものだったのに、今は本当に見なくなりました。

田んぼいっぱいのレンゲ畑を走り回って花冠を作ったり
・・・こう書くと、少女漫画っぽ〜いケド、実際は花そっちのけでレンゲ畑の中を走り回る鬼ごっこ中心のわんぱくな感じでした(^^;)

久々に花冠でも〜
とも思ったのですが、

手に取るな やはり野に置け 蓮華草 (滝野瓢水)

の句を思い出して、
大人になったので、とるのは写真だけにして帰ってきました。


それはそうと!
最近、ヤバいんじゃない?と思っている侵略的外来種



このポピーみたいなオレンジ色の花



昨年までは、ちらほら道路脇で見るだけだったのですが、
今年になって、駐車場や道の脇で爆発的に増えてます。

調べてみたら、
ナガミヒナゲシ と言うらしい。

なんでもこの種↓


凄い小さい種がぎっちり入っているらしい。
アルカリ土壌を好むらしいので、コンクリートの横とかに沢山生えるらしいです。
これのせいで、道路脇は、馴染の雑草をほとんど見かけなくなりました。
なんとかしないとマズイんでは?
いやでも、ヘタに刈ると広めちゃいそうだしな〜
生態系が、なんかだかとっても心配です (´・ω・`)


ライラック
バラの蕾は軒並みヤラレましたが、
全く手をかけていないのに、
今まで1回も害虫の被害を受けていない花、
「ライラック」



今年も咲きました(^^)

咲いた途端に、
突然にばらまかれる(と言っても良いくらいの)
強い香り。

でもライラックの花の香りって、
強いけれど、どことなく上品。
ちょっとパウダリーな雰囲気があり、
大人なイメージかな〜。
素敵です♪


実生モミジ 芽が出た!
山を歩いていると、可愛いモミジに出会う事があります。

▼こんなの。(御岳山にて)


本葉が出たての可愛いモミジ。
もう、本当につれて帰っちゃいたいほどカワイイ♪のですが、
マナーに反するので、そんな事はいたしません。

ならば!
種から育ててみよう!

ということで、
晩秋に落ちてる種を拾ってきました。

冬のうちに適当に蒔いて、適当に水をあげていたら、
なんと、ちゃんと出てきましたョ。



虫のような羽のように見えるのが、
種の部分です。

↓少し分かりやすくしてみました。


モミジの種には、プロペラみたいな羽根がついているのです。

この状態から、2日後くらいには、
ちゃんと双葉が展開。(殻は飛ばされたらしい)



どんな本葉がでてくるのか?
今からとても楽しみです。

というのも、この種、
森林公園のカエデ園で拾ってきたもので、
いろんな種類がまざっています。

▼国営武蔵丘陵森林公園 カエデ園 紅葉ガイドマップ


※モミジもカエデも分類上、カエデ科のカエデ属の植物です。

昨年、秋のカエデ園の様子


背が高く、充実した木が多かったので、種もたくさん落ちてました。


黄色に朱色に種類が様々。


朱色に紅葉しているのは、ハナノキという種類です。


落ちてる種は、大きさは多少違えど
ほとんど同じ形なので、全く種類が分かりません。



↑こんな感じで、通路に落ちてるのを拾いマシタ。

綺麗に紅葉するものも良いけれど、
いかにもモミジな葉の形のものも良ですね♪
本葉、楽しみです!


チャイナチェリー咲いた
暖かい日が続いたせいか、
駅前のソメイヨシノは満開に!




そして、ついに
ベランダのチャイナチェリー(一重庭桜)も咲きました。



まだ、本当に3輪、4輪といったところ。



蕾はピンク色なのに、咲くと白っぽくなっちゃう。
真っ白なユキヤナギと、やさしいピンク色との対比が良い感じです。

勝手に生えてきて、あっという間に根を貼って
気が付いた時には、引っこ抜けなくなっていたユキヤナギですが、
(チャイナチェリーの隣のプランターに生えています)
こういう風に咲いていると、
ここに種を落としていくとは、鳥め、なかなかやるな!
と思ってしまう。



あっちこっちに飛びまくってるスミレは、
しばらく見ないと思っていたら、
今年は咲かなかった水仙の間から顔を出したりしています。

ベランダでも、ミニ生態系ができてる感じ?
なにかしら、あら?という発見があったりすると、
放任栽培も結構、面白いなーって思います(^^)


| 1/16PAGES | >>