profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


ジュエルミネーション
よみうりランドジュエルミネーション
を見てきました!

今年は、世界的照明デザイナーの
石井幹子さんのプロデュース。

ジュエルミネーションは、
「石井幹子デザイン事務所が開発した世界初の宝石をテーマにしたLEDを使用したイルミネーション」
だそうです。

写真は手振れしてますが、凄くキラキラ♪



500万球も使ってるらしいです。



7種類25色の宝石イルミネーションだそうで、
エリアによって、色の組み合わせや雰囲気が違います。



上の2つはフォレストジュエリーカラー
単色のイルミネーションよりロマンティックな雰囲気。
全体的に可愛いんですよ。でも品がある♪
いや〜なんかきっと、一緒に行ったのが異性だったなら、
恋しちゃいそうな雰囲気でした(^^;)
つか、恋してなくちゃいけない雰囲気?デシタ(笑

↓ラブリージュエリーカラー



遊園地の乗り物も動いていて乗れるのですが、
見ているだけでも素敵♪
夜の遊園地は輪郭だけが浮かびあがってちょっと不思議な雰囲気です。


↓アクアジュエリーカラー



この色の組み合わせ、とても好きです♪

↓そして、噴水ショー!!



よみうりランドのイルミネーションは、
その立地や設備を上手く活用してて、凄くクオリティが高いです。
噴水ショーは、入場券だけでも見られて、
3つのパターンを楽しめます。

↓光と影のダンスショーでは、



超、手振れ写真で、逆に凄いことに(笑
黄色い光は、ダンサーが手にもった光る棒をぐるぐる回しているところです。

今回は乗り物に乗りませんでしたが
次は乗り物も乗りたいな〜!
日清のスプラッシュUFOとか凄く楽しそうでした。



大きなヤカンから水がっ!
その周りをボートで通過〜
もうメリークリスマスですね。

よみうりランドのジュエルミネーションは2月19日まで
(16:00〜20:30)
※期間中の休園日(1/17〜19、24〜26)
機会があったら、ぜひに!おすすめで〜す♪♪



妙義山
上毛三山(※1)の1つ
妙義山(みょうぎさん)に登ってきました。



日本三大奇勝(※2)のひとつでもあるこの景色は、
かつての火山活動の火山噴出物が、長い間に風雨によって浸食されて出来たもの。

流石に〜この山の上の方には登れないので
(上級者は登れます)

中間道と呼ばれる中腹を歩くコースどり。
でも急な鎖場もいくつかあり、
だいぶキャーって感じでした(^^;)



今回歩いたのは、石門コースという
奇岩が門みたいになっているコース。

ちなみにこのコース、こんなんですが、
群馬の友人は、小学校の林間学校で登ったよ〜
と言っていた「一般的なコース」になります。
ちょっと怖いけど、慌てなければ大丈夫かと。
バリエーション豊かでアスレチックみたいで楽しい♪
石門コース、おススメです!

第四石門


紅葉のピークにはまだちょっと早かったかも?
しれませんが、



紅葉のグラデーションと奇岩との景観が素敵でした。

↓こちらは「日暮しの景」と言われる場所


第四石門の横をちょっと入った所からの景色です。

上毛かるたの絵もここですね〜



ちなみに、↓こちら


奥の岩に人が立っているのが見えます?
「大砲岩」といわれる場所。
ここも初〜中級コースに入っているのですが、
ぐぅ〜と下ってから、ほぼ垂直の鎖場をあがって行く・・
って事で、今回はちょっと見送りました(^^;)

黄色い線が鎖場です



焼きまんじゅうと
舞茸ご飯、舞茸天ぷらも食べて、
なかなか上州満喫な1日でした(^^)

あ、そうそう、ついでに
上毛かるた「ね」の札も攻略しようとしたのですが、



「下仁田ネギが本当に旨くなるのはもっと寒くなってからなので来月に来なよ」
と焼きまんじゅう屋で会った通りすがりのオヤジ様が言うので、あきらめました。
手作り生こんにゃくは買ったよ〜♪

きのこも買ってきて、翌日はきのこ丼♪
舞茸ごはん&シイタケのバター炒めです。
肉厚のシイタケに謎の形のもの・・は割ってみるとこんな感じ。



そして、
きのこたっぷりキノコ汁(こんにゃく&里芋も群馬産)



大変美味しくいただきました。
群馬の食材は安くて美味しい!
群馬LOVEです手


ミニ知識でーす
---------------------------------
※1
上毛三山
・妙義山・榛名山・赤城山

※2
日本三大奇勝
・耶馬渓 (大分県)
・寒霞渓 (香川県小豆島)
・妙義山 (群馬県)
---------------------------------


乗鞍岳!
週末に乗鞍に行ってきました。

新宿から松本に出て、新島々へ(ここまで電車)
でその後バスで乗鞍へ
1日目は乗鞍高原宿泊です。

現地の人によると、
今年は紅葉がイマイチとのことでしたが、
それでもとても素敵な風景が見られました。

乗鞍高原の番所の大滝


この滝、展望台から結構近くて
水しぶきがかかるダイナミックさ。
落差40m、幅11m。
写真だと大きさが伝わらないですよね〜。

この滝の上流の方に小滝もあります。



光が差し込んで、
秘密の場所っぽい景色。



澄んだ水の流れって癒されます。

他にも池とか、何気ない風景がとても素敵でした。
乗鞍高原は、遊歩道がよく整備されているので、
散策がとても気持ちいいです。

一之瀬園地の「まいめの池」



この池、反対側からだと、山が映り込みます。
夕方の日挿しだと逆光になっちゃうので、朝日の方が綺麗に映りそう。



何故か、乗鞍には寄生木(やどりぎ)が多くて
丸いのが乗ってる(生えてる)木が沢山ありました。
かわいい感じ♪



大カエデは、完全な紅葉まであと少しでした。





2日目は朝から乗鞍岳登山。
バスでだいぶ上の方まで行けるので、
3026mの最高峰 「剣ヶ峰」まで2時間かからずに登れます。

↓この左側のピークが頂上です


ざくさく登って行って、見下ろすと、
登り口がだいぶ遠くに!



くねくね道路の所(写真の真ん中あたり)に
小屋みたいなのが見える辺りが登り口です。


途中の権現池(火口湖)



これを過ぎると、
頂上まで、あと少しです。



鳥居の所が、頂上、剣ヶ峰。

結構、急坂ですが、
富士山と違い、かなり登るのが楽でした。
やはり標高の差でしょうか。

てことで、無事登頂!



奥に見えるのが、御嶽山です。

それにしても、乗鞍岳から見る景色は360度ほぼ山の連続。
お天気に恵まれて、うっすら富士山まで見えました。



中央構造線、フォッサマグナの糸魚川静岡構造線とか?
昔、勉強したような〜?
実物見ると、ちゃんと勉強したくなりますね。
山すげーっす!




尾瀬!
5月14日土曜日に、上毛かるた「せ」と「た」の旅に行ってきました!

尾瀬ヶ原の水芭蕉は、なんと只今、満開!
来週からの本格シーズンを前にもう終わりそうな勢いです。
今年は雪解けが早く、例年よりも約3週間も見頃が早かったらしいです。



水芭蕉って、良く見ると面白い花ですよね〜



尾瀬には、尾瀬沼と尾瀬ヶ原がありますが、
今回、訪れたのは、尾瀬ヶ原の方。
よく、「尾瀬」の写真で紹介されるのは、
コチラ、「尾瀬ヶ原」の方です。




尾瀬ヶ原って、今回初めて歩いてみたのですが、
2時間も3時間も歩ける距離が、ひたすら、ほぼ平らな湿地帯!

木道しか歩けないので、
「すぐそこに有るのに手の届かない自然」
て感じが、なんだか不思議な世界感でした。

尾瀬は、凄く有名な観光地ですが、
尾瀬ヶ原に入るまで(鳩待峠〜尾瀬ヶ原)歩いて約1時間(帰りは登りになるので1時間30分)かかります。
道は木道がきっちり管理されて歩きやすいですが、
地味に体力を使うので、
行くなら、足腰がしっかりしてるうち(←?)がおすすめです〜


せっかくなので、
帰りに「吹き割れの滝」に寄ってきました。
こちらも、例年だと今の時期、雪解け水が大量に流れている筈なのですが、
尾瀬同様に、雪解け時期が早かった影響で、
今はさびしい事になってました。



吹き割れの滝は、沼田から尾瀬に行く道の途中にありま〜す。


群馬県人なら、誰でも知ってる「上毛かるた」
今回の関連札は、こちらでーす(^^)






三島&沼津
高崎線に上野東京ライン東海道線直通・熱海行き
って物ができたので、
せっかくなので、終点まで行ってみよう〜!
てな思いつきで、静岡の三島&沼津に行ってきました。

普通列車で、東京から熱海までは、2時間くらい
熱海から三島までは、13分くらい。
高崎線直通なので、埼玉からも熱海での乗換え1回で三島まで行くことができます。

そして、やってきました三島です。

三島は海に近い下流域・・という印象がありますが、
この辺は、富士山の伏流水が湧き出てくるので、
綺麗な水が流れる街になっています。

富士山の水が、山にあたってピューと沸く感じなんですね。


まずは、三嶋大社までのルートが、水辺の道になっています。



三嶋大社にお参りして、
顔色の悪いエルビスみたいな
三嶋大社名物「福太郎餅」をいただいた後、



・・・一度、そう思っちゃうと
リーゼントにしか見えないのですが、
このリーゼントは、福の種まく福太郎の「烏帽子」の部分なんだそうです。

三島コロッケとか、買い食いをしながら、



源兵衛川の、せせらぎ遊歩道も歩きました。
この川は、川沿い(とか中)を歩けるようになっています。



雲っていたので、どうも水の透明感が写真では分からない感じですが〜
凄く澄んでいる水が流れているので、歩いていてとても楽しい♪

ずーっと源兵衛川を下っていくと、
カワセミを待ち構えるカメラおやじの軍団とか、



川遊びをしている子供たちとかに出会えて、面白く、



そのまま、
歩いて、柿田川湧水まで行ってきました。

柿田川湧水は、東洋一の湧水量を誇ると言われている場所ですが、
突然、国道1号線の横に現れる感じが、凄いです。



森みたいになってる所から、急に一杯水が湧き出てます。

その森のあたりがコレ↓



第1展望台からの眺めですが、
この写真では、特に左側でもくもく沸いてます。

昔に井戸として使っていた丸く囲われた所(第二展望台から)では、水が光の屈折で青い色に。



綺麗すぎて井戸だけの写真だと小さそうですが、かなりの大きさ。
底の砂が絶えず水で踊っているので見飽きない感じです。

こういう風に、あちこちでもくもく湧き出た水は合わさって1つの大きな流れに。



あちこちで凄い勢いで湧き出ているのを見ると、
とにかく、富士山が偉大!!
て思えてきます。
三島や沼津のあたりだと、富士山も大きく見えるのて、より偉大さが実感できます。


翌日は〜沼津港で朝食。



朝どれ、朝メシの白魚&サクラエビ、アジ&中トロ丼旨し!
味噌汁にも海老と白魚が入っていて味が深くて美味しかったー。

それから、
三島駅近くの楽寿園を見てから・・



楽寿園
-------------------
昔は、三島湧水群を代表する水量を誇ったらしいのですが、今はほぼ渇水になってるらしいです。
上流域の工業用水のくみ上げなどが原因ではないかと言われているらしいですが、
水の豊かに湧き出る所を見てきた後なので、色々と考えさせられます。
楽寿園は、他にも三島の溶岩流が見られる場所があったり、
昭和の匂いがする小さな遊園地とか動物園とかあって、色々楽しいです。
-------------------

2015年12月に出来たばっかりという、三島の大吊り橋(スカイウォーク)へ。



三島スカイウォークは、
渡って帰ってくるだけのものなのですが、
しかもそれだけで1000円したりするのですが、
揺れたり、景色がよかったりで、だいぶ楽しめました。
日本一長いつり橋なだけに、インパクトあります!
一見の価値あり!おすすめ!

て感じの旅で、1泊2日で、大満足。

上野東京ラインて、通勤で使用していた時には、
何でもつなげりゃいいってもんじゃねー。大迷惑〜。
と思っていましたが、たまにこうして旅行すると、まぁ良いかな〜と思えます。
静岡、近くなりましたね〜♪




| 1/6PAGES | >>