profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


みかんの花 満開!
ミカンの花が満開です!

最初に咲き始めたのは、
▼バレンシアリトルレモン




ミツバチが来ています!
この黒っぽさは、日本ミツバチでしょうか?

ミカンが咲くと、必ずミツバチがやってきます。
ミカンの蜂蜜も美味しいよね〜♪

続いて、咲いたのは、
▼興津早生


興津早生には、一回り大きなミツバチが来ていました。
こっちも黒っぽかったですが、大きいです。
超ガツガツしてました(笑 女王蜂?

そして最後に咲いたのが、
▼謎のみかん(たぶんポンカン・・マンダリンの可能性も)


毎年この謎ミカンは冬に葉を落としちゃうせいか、
咲くのが一番遅いです。
でも、一番多く花を咲かせるんですよねー。
葉が少ないのでとても目立ちます。

ミカンの花は、どれもとても良い香りです(^^)
初夏の香り!素敵です♪


ちなみに・・
今年買ったキンカンは、まだ全く咲く気配がありません。
キンカンは、実がなるのも遅いので、
花が咲くのももう少し後ですかね?
ちゃんと咲くと良いなぁ〜



バレンシアリトルレモン開花
暑い・・・
5月になったばかりで30℃越えとか、無いわ〜

と薄荷茶を飲みながらダラダラ過ごす
ゴールデンウィークです。




日本薄荷は、絶好調です。
春になると、あっという間にモサモサしてきます。
今の時期のは、やわらかくて美味しそう♪

そして、バレンシアリトルレモンが開花!



毎年、冬にハゲちらかすのですが、
毎年よく咲きます。
そして、よく実もなります。

昨年、ずいぶん遅くまで沢山の実をならせたままだったので、
今年は隔年結果をするんじゃないかと思っていたのですが、
やっぱり、凄く咲きました。
ハゲるけど、意外と日本の気候に合ってるのかもしれませんねー。

バレンシアリトルレモンは、
実をそのままにしておくと、最終的に鳥が食べにくる事が分かりました。
あらかた近所のいろんな実を食い尽くした後にやってくるようです。
・・人気が無いんですね〜。
やっぱり酸っぱいからだろうなぁ〜


バレンシアリトルレモン鈴なり
バレンシアリトルレモンが、
鈴なりで黄色くなってきました。



そろそろ収穫してやんないと〜
と思うのですが、
そのまま食べるには酸っぱすぎ。
甘露煮にするには、皮が薄くて少し残念。。。

と、何気に実を食べるには向かない柑橘なので、
今回は、試しにオレンジジュースの代わり・・みたいな感じで使ってみることにしました。

ってことで、少し収穫。



こんな少し収穫しても、ちっとも減らない感じです(^^;)

まずは、半分に切って、適当に絞ってみます。



綺麗なオレンジ色。香りも良いです。
種が多いので、種は後で取り除き、

これをー

旬の秋鮭をムニエルしたものに、
バターと一緒に、ジュー



オレンジソースもどきです。

先にソテーしておいた、キノコや玉ねぎ、シシトウの上に鮭をおいて、
ソースをかけて完成。



なかなか美味しくできました!
バレンシアリトルレモンの酸味が程よくバターのコクとマッチしてます。
爽やかな香りが魚の臭み消しにもなってるかも。

バレンシアリトルレモン、ジュースとしての使い道は、なかなか良い感じです。
今後、いろいろ試してみま〜す。

暑いけど秋の気配?
いやーもう今日も最高気温34℃とか言ってますが、
なんとベランダでは、
バレンシアリトルレモンの蕾が出てきました。



普通のミカンは春に咲くだけですが、
このバレンシアリトルレモンは、四季咲き性なので、
気候が調子よくて、元気がよければ、いつでも花を咲かせます。
ウチの辺りだと、例年、春と秋に花を咲かせます。

ってことで、花芽がついたって事は、
暑いんですが〜秋が近づいてきたのか?と。

本当に、ち〜っとも実感が沸かないのですが、
夕方にツクツクホウシも鳴いていたので、
じわじわ夏も終わりに近づいているのかも?しれません。

ツクツクホウシが鳴くと、
子供の頃は、ヤバい!夏休みが終わっちゃう!宿題がっDocomo_kao20
とか、思いましたよねー(って私だけでしょうか?(^^;))


ちなみに、バレンシアリトルレモンですが、
春に咲いた花は、今こんな感じです。



グリーンの実がゴロゴロ成ってます。
緑色の実は、酸味がキュっとしてるので、
スダチの代わりとして使えるので、サンマの塩焼きに良く合います♪
秋よ、早くこ〜い♪

バレンシアリトルレモン酒
11月に仕込んだバレンシアリトルレモン酒
がいい感じの色が出てきたので、
試飲をしてみました。



家の中でも寒いので〜
ぬるめのお湯割りにしてみました。

お湯で割っちゃうと分からないくらいの微妙なオレンジ色なのですが、香りがふんわりと立ち上がり華やかな感じです。

味は〜果実酒らしく、かなり甘め。
口に含むと、柑橘の爽やか〜な香りが広がって美味しい♪
ほんのりとした苦味が大人っぽいアクセントになっています。
バレンシアリトルレモンって、強い爽やかな香りがあるので、果実酒向きなのかもしれません。
キンカンよりも果実酒を仕込むのにはおすすめのような気がする。

ちなみに、蜜煮は、今年の正月に実家のキンカンで作ってみたら、
キンカンの方が旨かった。
バレンシアリトルレモンは皮が薄いので、ちょっと物足りなくなる感が。。

バレンシアリトルレモン酒・・あっという間に飲んじゃいそう。
来年はもっとアルコール度数の高い酒を使って
砂糖を控えめの酒を仕込んでみようかな〜と画策中ですエリザベス


| 1/6PAGES | >>