profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


新しい粘土で陶灯り作り
超久々ですが〜今日は陶芸のこと。

私のかよっている陶芸教室では、
教室で売ってる粘土(焼成代込)を使うのが基本なのですが、
焼成代を払えば、他の土も使用する事ができます(テストは必要)

でも、酸化焼成1230℃(電気窯)と、
温度と焼成の仕方が決められています。
なので、磁器粘土は扱えないと思っていたのですが
(磁器は基本は還元焼成で1250℃の焼成)

磁器粘土でも、酸化焼成でOKで、
しかも1230℃でもOKな粘土があると、本に載っていたので、
色々調べて取り寄せて、作陶してみました。

その1 丸石窯業原料 ニューボン土
その2 熊谷陶料 透光磁器(鉱物繊維入)

左が透光磁器(鉱物繊維入)、右がニューボン土


ニューボン土の方が、ミルキーな雰囲気の白です。
上部にかけてる釉薬の発色が違うのは、温度のせいです
(窯のどの位置に置かれるかで微妙に温度が違う・・温度が高いと茶色が出ちゃう釉薬です)

でもって、実はこれら磁器は光を通します!



いずれの粘土も光を通すと、すりガラスみたい♪

あ、下の方が黄色っぽいのは、
厚みが均一じゃなくて〜そのあたりが厚いからです(←腕が悪い(^^;))

ちなみに、
そんな訳で、磁器土を扱うのが初めてだったのですが〜
なんか形にならなくて苦労しました(←腕が悪い)

特にニューボン土は、
ザ・磁土って感じで、腰がなくて〜難しかったです(←腕が悪い(^^;))
最初、手びねりで作ってたのですが、なかなか形にならなくて、
結局、電動ろくろで作りました。

透光磁器(鉱物繊維入)は、
半磁土みたいな雰囲気で、そこまで扱いにくくはなかったです。

さて、
そんな感じの新しい粘土。
せっかく光を通す粘土なので、
灯りを作ってみました。

お魚ランプ(透光磁器(鉱物繊維入)使用)



電動ろくろ成形ののち、
乾いてから彫刻刀で魚を削り出してみました。
焼きあがってから、貝殻やシーグラスで装飾。

↓灯りを入れると



↓さらに暗くしてみると〜


シーグラスや、貝殻も光を通して良い感じ。
陶灯りって、やさしい光で良いですね♪
磁器土は、まだまだ慣れなくて超未熟な作りですが、
新しい事を探りながらやっている時って、とても楽しいです。

この粘土、白くて綺麗なので、お皿とかにも良さそう♪
他にも色々作ってみたいと思ってます(^^)

参考〜
--------

▼熊谷陶料 透光磁器(鉱物繊維入)20kg〜※外部リンク 
http://ob3.aitai.ne.jp/~kumagai/nendo/gendai/kumagainendo-gendai.html

▼楽天で売ってるニューボン土 10kg〜

陶芸用粘土 ニューボン(真空土練機掛け) 20kg

価格:4,212円
(2017/5/25 21:00時点)
感想(4件)



ハーブ系の花も咲いた
ミカン、バラ、ペチュニアの他にも
こんな花も咲いています。

▼行者ニンニク


株が大きくなった割に、2本しか花茎が出ませんでした。
昨年、葉を採りすぎたか?!
いや、でも食べたいし・・
今年も何粒か、種ができればよいですが、
どうかな〜?


▼ユキノシタ


ユキノシタの花は、
1輪で見ると、ちょっと可憐な雰囲気ですが
全体的には、↓なんとなく食虫植物っぽい(笑



鉢のイメージのせいですかね?
陶芸で作った素焼きの「セミの抜け殻鉢」は、
だいぶ諸行無常な雰囲気がでてきました。
冬虫夏草っぽい仕上がり!
満足です(^^)b

▼花芽が出る前はこんなだった


片目、落ちました!
ユキノシタのランナーって、赤くて
なんとなく血管ぽいよね〜
生き物っぽい植物と、この鉢は、なかなかナイスなコラボです(^^;


干支の箸置き(ニワトリ編)
遅ればせながら〜
今年の干支箸置きが焼き上がりました!



ニワトリさん

ニワトリって、どうも創作意欲がわかなくて
今年はスルーしちゃおっかな〜(・3・)
とか思っていたのですが、

毎年受け取ってくれてる友達が、
「今年はどーした?」
「待ってるから」
とか催促されて、
2月に入って作りはじめました。

こんな箸置きでも
楽しみに待っていてくれる人が居るってありがたいです♪


ちなみに、ニワトリ
大きく分けて2パターン居ます。




最初に尻尾が上を向いているのを作ったのですが
(上の写真では右後ろに居るやつ、
コレはニワトリなのか?
な感じになったので、
尻尾を縦に平たくして垂れ下がってる感をだしてみたら(手前)
なんとなくソレっぽくなりました。

2017年とり年
2017年とり年
2017年、平成29年
あけましておめでとうございます!



※年賀状ネタバレ
今年は酉年なのでニワトリの玉子で作ってみました。

なかなか顔の位置がきまらなくて、
いくつもの玉子に落書き。



・・・生玉子に直接描いてます。
ということで、年末は玉子三昧。
この後美味しくいただきました〜(^^;)

※上の写真の器(片口)は自作の陶器です。
備前焼き。陶芸教室ではなく、よその釜で焼いてもらったもの。
登り窯で焼いてもらいました。
備前焼って、色がいいよね〜ステキです♪

・・という風に、
年末年始、変わらず、ゆるい感じではありますが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

朝から そうめん
暑い!
もうエアコンつけっぱなしで、
外に出るのに、サバイバルを覚悟する週末です。

てことで・・
もう朝から、そうめんです。

シソだく。


栄養が偏ってる感は否めませんが、
まぁ、いっか!
朝だし、夏だし!日曜だし!デス。


微妙にゆがみのある
そばちょこ とお皿は、
昨年マイブームだった釉薬を使って焼いた自作陶器です。



ガラス質が涼しげ〜♪

そばちょこは、作ってて面白いのですが、
いつも微妙に仕上がりの形が違ってしまうので、
重ならないものばかり出来て収納に困ってます〜(^^;)

同じものを作った筈なのに重ならない〜
・・というのは、陶芸初心者あるある話。

でも〜
1個1個のゆがみが、なんか好き♪
とか思ってるので、
全く成長いたしません(^^;)

| 1/6PAGES | >>