profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


シソ味噌
気温は30℃を越したりしてますが
随分と秋めいてきました。

ここ数年、9月は夏だったので、
この感覚、ちょっと懐かしい感じさえします。

さて、そんな訳で
夏の間、色々と楽しんできたベランダの
色んな物の処分にとりかかろうかな〜
と思い、

まずは、コレ


シソをガッチリ収穫



・・・ついでに、かぐらなんばんも収穫しました(赤くなってきてる!)

大量のシソは〜
自家製味噌とクルミ&砂糖でくるみ味噌を作って



くるくる巻いて、揚げ焼き♪



シソ巻き味噌を作ってみました。
ちょっとお味見。



外側パリッとシソの風味
甘じょっぱい!でもちょっと爽やか!
ご飯とか、酒が何杯もいけちゃうヤツです(^^)/

シソ味噌って、
子供の頃に、お弁当(外で買った弁当)に入っていたりすると、
なんじゃこれ?
ってなモンでしたが、大人になって分かる旨さ!

・・新米で食べたいです!



クズも天麩羅
GW、暑いくらいの日が続いています。
そして、いい感じに雨も降ったりしたので、
雑草がグンと伸びてしましました。

ヨモギもだいぶ大きくなっちゃった。
という事で、ヨモギは今年はこれで最後の収穫。



これだけ大きくなってても、
まだ伸びたばかりの新芽は柔らかいので、
先の方だけちょこちょこ収穫。

前の記事で書いた葉の付け根の仮托葉
このくらい大きくなっていると、
とても分かりやすいですね。



柔らかそうなヨモギを探しつつ、
収穫していたところ、
隣に美味しそうな新芽を伸ばしているクズを発見



クズというと、
くず粉とか、葛根湯とか、根っこの方の活用がよく知られていますが、
実は新芽も食べる事ができます。



茶色い毛がいっぱい生えているので、
口当たりが悪いのでは?と思えるのですが、
料理しちゃうと気にならなくなります。

八百屋で買った1パック100円のコゴミとともに



今日も春の天麩羅♪



ヨモギ・クズの芽・コゴミです。
冷たいうどんと共にいだたきました(^^)

クズの新芽の天麩羅は、少しほくっとしていて、
タラノメみたいな山菜っぽい風味がして美味
おすすめです♪

今日の道草も美味しくいただきました!
春の恵みに感謝!

ヨモギのおやつ第3弾
ヨモギ白玉ヨモギスコーンに続いて、
ヨモギのお菓子第3弾!

材料は〜
小麦粉:100g
砂糖:40〜50gくらい
ヨモギ 適量(適当)
水 350cc

砂糖を分量のお湯で溶かしてた中に
冷凍したヨモギを戻して入れてから、
薄力粉と混ぜ合わせます。



綺麗な色のこのシャバシャバした液体を、
耐熱容器に入れて、レンジ600Wで12分!

12分後にオーブンペーパーで上が乾かないように
覆ってから、粗熱をとって、
その後、ほどよく冷蔵(冷やしすぎない)



ヨモギういろうの完成です!
むっちむち〜。
爽やかで、かつ草餅っぽい風味でてます♪



舌触りの良いお菓子は、暑くなってくると嬉しいですね(^^)
本日も道草、大変美味しくいただきました。


ヨモギ豆知識〜(見つけ方)

あれ?
なんか白っぽい葉が生えてる所があるぞ?
と思ったら、それがヨモギである可能性が高いです。

↓こんな感じ


ヨモギは、地下茎で増えるので、
群生している事が多く、毎年同じところに生えてくる。

葉の裏面とかにみっしり白い毛がついてる


葉茎は生長してくると紫がかった感じになる事が多い。

あと、
草餅に良いような新芽の頃には分かりにくいけど、
葉の根元に仮托葉(かりたくよう)という小さい葉があります。



まぁ、摘んでみて、嗅いでみて
良い匂い♪って思ったら、正解かも?な感じかも。
新芽を摘むと、草餅の香りというより、もっと鮮烈な香りがします。

迷ったら、食べない勇気も大切ですョ。
野草を採取する際は、あくまで自己責任でどうぞ(^^;)

葉の裏表のコントラストが良く分かる写真追加しときます。

(裏はだいぶ白いです)


▼「ういろう」が簡単に出来ると知ったのはこの本のおかげ!
 ※Amazonの中古本で凄く安くでてる〜おすすめデス♪

森三中 村上知子の小麦粉工房 (祥伝社ムック nina’s )

新品価格
¥1,008から
(2017/4/30 20:47時点)




ヨモギを混ぜて焼いてみた
今日も冷凍したヨモギペーストを使って
レッツクッキング♪

▼これ


スコーンの生地です。

小麦粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖を入れて撹拌
 ↓
冷えたバターを入れ撹拌
 ↓
玉子と牛乳まぜたものと、
ヨモギペーストを入れ撹拌

撹拌は、フードプロセッサーを使ってます。
ガーっガーっとやってるうちに
生地ができちゃう!
凄いぞスコーン!簡単だスコーン!
超楽ちんクッキングです。
※ざっくり混ざってればOKらしい

▼適当に形を整えて


▼200℃ 20分オーブンで焼き上げ


綺麗に焼き上がりました!

▼パカッと割ったところ


春色〜♪

サクサクです!
草餅味っぽくなるかなぁ?
と思っていたのですが、そうでも無い感じ。
草餅の風味って餅の香りも大きく影響しているのかも?しれません。

バターが効いてるので、
香りはバターが強くでて、
でも、味わいの爽かさでヨモギがぐぐっと強くでてくる感じ。
爽やかで味わい深い、
なかなかに旨いスコーンに仕上がりました♪

スコーンといえば、
クロテットクリームとか生クリームがつきものですが、
コレにはそういうのは要らないかなぁ。
ヨモギスコーン単体で十分に美味しい(^^)
あったかい牛乳片手に、そのまま素朴に食べたい焼き菓子です♪

ヨモギ白玉
先日、天ぷらのためにヨモギを摘んできた時に
せっかくなので、多めに摘み、

茹でてあく抜き
 ↓
フードカッターで細かくして
 ↓
冷凍保存

を、しておきました。

それを使って、
今日はヨモギ白玉作り



白玉粉に解凍したヨモギを加えて、
水を足して程よい硬さに調整。



この時点では、あんまり色が出ないのですが、
茹でると、綺麗な緑色になります。



黒蜜をかけていただきま〜す。
一度冷凍していますが、新鮮なヨモギの冷凍は、
ヨモギ粉を使っている物とは香りがちょっと違います。
とても鮮烈で爽やか!

ちなみに、先日、
天麩羅では量を食べると腹を下すと書きましたが、
(安全量はたぶん↑この写真の1人前くらいです)

あく抜きをすれば、いくら食べても大丈夫!
(だと思います。私は大丈夫ダョ♪)
※私の場合、あく抜きは重曹は使わないで塩茹でと水にさらすだけ

モチとか白玉にすると、天麩羅の時には感じない、いわゆる「草餅の香り」を感じるようになるのですが、草餅の香りは、鮮烈なヨモギの香りを薄めた香りなのかもしれないです。
お菓子としては、とても程よく美味しい〜(^^)
タダ食材の道草でこんなに美味しくて良いのだろうか?と思います。

ヨモギ白玉、とても美味しく出来ました。
旬の道草に感謝!
ご馳走様でした(^^)

| 1/12PAGES | >>