profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


春づくし
八百屋に寄ったら、
新鮮な「タケノコ」と「フキ」と「うるい」
が売っていたので、今日のメニューは「春づくし」にしてみました。

▼「タケノコ」は頭が茶色っぽいのを選んだよ♪


頭が茶色・・日に当たってないので身がやわらかいらしい。


▼「うるい」って初めて食べます。


うるい:オオバギボウシの若葉のこと
八百屋さんの話では、味がないけど食感がいいよ〜とのお話し。
生でも火を通してもイケるそうだ。

▼フキは、軽く茹でて下ごしらえ


色が綺麗♪

そして、
「春づくし」にするために、
ヨモギも、近所のいつものポイント(のり面)で収穫

ベランダからは、
行者ニンニク、ユキノシタ(雪の下)

▼今日の天麩羅素材(1人前分)


左上から右回りに:行者ニンニク、ユキノシタ、うるい(軸の方)、ヨモギ

ヨモギの天麩羅はとても旨いのですが、あく抜きせずに揚げるので、食べ過ぎに注意ですよ〜食べ過ぎるとお腹下します(^^;)←経験済み

ユキノシタの天麩羅は、
高田郁の「花散らしの雨」みをつくし料理帳
で書かれていて、凄く美味しそうだった料理の1つ。
それまでユキノシタなんて食べる物だとは思っていませんでした。

▼仕上がり


アドバイスをいただいたので、粉をはたいてから、揚げてみました♪
前より薄いコロモでカラっと揚がっているかも。
あ、でもやっぱり行者ニンニクは難しいカモ。ちょっとはがれた(笑

▼そして仕上がりの春づくし



・うるいスティック(軸のところを生で)田楽味噌マヨ
・うるい の かきたま汁(葉の部分)
・春づくし天麩羅
・フキの青煮
・フキごはん
・タケノコの煮物

草ばっかりですが、贅沢〜!
とても美味しくいただきました!!

初めて食べた「うるい」
確かに、ほとんど味はなかったです。
でも、食感が面白く、シャキシャキ、でも「ぬめっ」て感じ。
軸の方のがより、ぬめっ感は楽しめるかも。
天麩羅にしても、食感は残りますが、生がおススメかな〜(^^)
白くて綺麗なので、おもてなし料理にも良いかも♪
不思議な食感で、盛り上がる事間違いなし!デス。

▼参考
ユキノシタの天麩羅
高田郁 花散らしの雨 みをつくし料理帳より引用
-----------------------------------------------
外はさくさくで、中はもっちり。ほんのりした苦みがまた何とも爽やかで、こんな食い物、俺は知らねぇよぅ
あたしでもお酒が欲しくなっちまう。これは罪な味だよ
----------------------------------------------
と書かれている、やたら美味しそうな一品。
ウチのユキノシタは、味は殆どなく、苦味も爽やかさも感じられませんでしたが、食感はその通り!もっちり感がちょっと癖になる味わいです。
またこの本には、巻末にフキご飯のレシピもついてます(^^)

花散らしの雨 みをつくし料理帖

新品価格
¥617から
(2017/4/21 13:03時点)





▼みをつくし料理帳は全10巻 どの巻も美味しそうさハンパないです

みをつくし料理帖(全10巻) みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)

新品価格
¥7,158から
(2017/4/21 13:05時点)



美味しい物を美味しくいただく
「干すと、味わいが深くなる」
これに気づいた人って凄いと思うんです。

と、美味しい「魚の干物」を食べると特にそう思います。

新鮮な魚をさばいて、塩水などにつけてから、干す。
手順自体は凄くシンプルなんですが、
こうして作られた魚の干物は
生の魚の塩焼きとは、全く違う味わいになります。

なんでもタンパク質が旨味成分のアミノ酸に変化するとかなんとか。



伊豆のお土産に干物と味噌漬けをいただきました♪

干物って、本当に美味しい物と、その他
って分かれますよね〜

じっくり焼いて・・
もう香りから旨い!(≧∇≦)



最近、結構いい加減な食卓だったのですが、
やはり「美味しい物」は「美味しくいただかないと!」
と思い、ちゃんとご飯を炊いて、
出汁もちゃんとカツオ節でとった季節のお吸い物(かき菜と卵)をつけて
いただきました。



写真はアジと、えぼ鯛です。

はぁ〜幸せ〜
日本人のDNAを感じた♪昨日のお昼♪


今日の朝は、
高級魚、金目鯛の味噌漬け。



お吸い物はシンプルにお豆腐。
かき菜はお浸しで。

もちろん旨い!
身はぷりっぷり。じんわり沁みてる味噌の味。
脂ものってて、ご飯が何杯でもいけちゃうョ!(≧∇≦)

伊豆のお魚、本当に美味しいですね!
やっぱり本場もんは味が違います。

なんでしょうね〜
スーパーのも伊豆のあたりから来てるんでしょうに、
全然味が違うんです。

美味しい物を美味しくいただくために
しばらく、ちゃんとした食生活を送れそうです。
有り難し(T∇T)

大変美味しくいただいてます!
大切にいただきます!
感謝です♪

ホットサンド
ホントサンドメーカー
買っちゃいました!



直火焼きするタイプです。
ダブルにするか、シングルにするか
凄く迷ったのですが、
圧着がよさそうなダブルにしてみました。

真ん中がくっつくので、
1回で2人分焼ける感じ(^^)



なんでも挟んで、ぎゅぎゅー♪
これは、ニンジンのカンタン酢漬けと、シーチキンのホットサンドです。

耳と外側はカリカリ♪
中はしっとり!
真ん中で分かれて2人分・・の訳ですが、
1人で2人分食べちゃう美味しさです。

今使っているオーブンレンジが
トースト焼くのが凄く下手※なので、
トーストする時はガスコンロで100円均一の焼き網を使ってやいていたのですが、
ホットサンドメーカーは、焼き網よりも、簡単に美味しく焼けます。

※下手というかトースト機能がなくて、グリルを使うので時間がかかって、しかも途中で裏返したりしなくちゃいけない。

キャベツ+コロッケ
チーズ+ハム
ハンバーグ+キャベツ
とか、なんでも挟んで楽しんでます!

問題は〜
普段6枚切り1枚か、8枚切り1枚で済んでいた所が、
8枚切り2枚食べちゃうので、太るかも?!
って事くらいかな(^^;)

↓私が買ったのは、コレ。

ブラックホットサンドメーカー 20415

新品価格
¥1,980から
(2017/2/27 22:45時点)



ホットサンドメーカーは、
バウル―というのが人気みたいですが、
倍以上の値段しちゃうので、安いの買ってみました。十分な感じっす。

干しイモうまい
「道の駅いちごの里よしみ」で干しイモ買いました。



袋に一杯入って1000円です。
ずっしり重い!

普段なら1700円するものが、
ちょっと乾燥しているので、
1000円なんだそう。

どこの芋なのかな?
吉見の道の駅は、この辺の近所だけでなくて、
結構遠くの方から遠征して販売してたりするので、
茨城の方の芋かもしれません。

干しイモを、ちょっと炙って食べるのが好き♪



香ばしくて、甘くて、最高(^^)/

100円均一(セリア)で買った焼き網が、
1回分焼くのにちょうど良い感じです。
しばらく、おやつは、干し焼き芋になりそうです。

いちごをカキ氷
メニューを見て「いちごのカキ氷」
だと思っていたものが、



なんと「いちごをカキ氷」だった〜(・∀・)



凍らせた苺をそのま削っているので、
凄く濃くて美味しいです。



しかも、なかなか溶けないし、
溶けても薄くならない!

隣町だけに、あんまり注目してなかったのですが、
埼玉県の「吉見(よしみ)町」の苺、
とても甘くて美味しいデス♪

この「こいいちご」なるカキ氷は、
吉見町のHappy Timeというお店で食べられます。
フェアみたいな時には「道の駅いちごの里よしみ」に出店する時もあるみたい。

ウチからだと、お店も道の駅も
ちょっと頑張るサイクリングくらいで行けるので
時々食べにいきたいな!
と思ったほど美味しかった(^^)

あ〜でも、自分で凍らせても出来るでしょうか。
今度やってみようかな〜


ランチタイムに行ったので、
&吉見産の野菜がゴロゴロ入ったポトフもいただきました。



ふれるとほろっと崩れるほどの柔らかさ
優しいお味でこちらも美味でした。
あ〜満足っ。
ご馳走様でした!


お店情報〜
--------------------------
Happy Time
埼玉県比企郡吉見町谷口205
ガーデンセンターサニベルの隣

▼食べログ
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110502/11036903/
▼アメブロ
http://ameblo.jp/happytimecafe/

営業時間が短いので要注意っすー。



-------------------------

| 1/19PAGES | >>