profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


春づくし
八百屋に寄ったら、
新鮮な「タケノコ」と「フキ」と「うるい」
が売っていたので、今日のメニューは「春づくし」にしてみました。

▼「タケノコ」は頭が茶色っぽいのを選んだよ♪


頭が茶色・・日に当たってないので身がやわらかいらしい。


▼「うるい」って初めて食べます。


うるい:オオバギボウシの若葉のこと
八百屋さんの話では、味がないけど食感がいいよ〜とのお話し。
生でも火を通してもイケるそうだ。

▼フキは、軽く茹でて下ごしらえ


色が綺麗♪

そして、
「春づくし」にするために、
ヨモギも、近所のいつものポイント(のり面)で収穫

ベランダからは、
行者ニンニク、ユキノシタ(雪の下)

▼今日の天麩羅素材(1人前分)


左上から右回りに:行者ニンニク、ユキノシタ、うるい(軸の方)、ヨモギ

ヨモギの天麩羅はとても旨いのですが、あく抜きせずに揚げるので、食べ過ぎに注意ですよ〜食べ過ぎるとお腹下します(^^;)←経験済み

ユキノシタの天麩羅は、
高田郁の「花散らしの雨」みをつくし料理帳
で書かれていて、凄く美味しそうだった料理の1つ。
それまでユキノシタなんて食べる物だとは思っていませんでした。

▼仕上がり


アドバイスをいただいたので、粉をはたいてから、揚げてみました♪
前より薄いコロモでカラっと揚がっているかも。
あ、でもやっぱり行者ニンニクは難しいカモ。ちょっとはがれた(笑

▼そして仕上がりの春づくし



・うるいスティック(軸のところを生で)田楽味噌マヨ
・うるい の かきたま汁(葉の部分)
・春づくし天麩羅
・フキの青煮
・フキごはん
・タケノコの煮物

草ばっかりですが、贅沢〜!
とても美味しくいただきました!!

初めて食べた「うるい」
確かに、ほとんど味はなかったです。
でも、食感が面白く、シャキシャキ、でも「ぬめっ」て感じ。
軸の方のがより、ぬめっ感は楽しめるかも。
天麩羅にしても、食感は残りますが、生がおススメかな〜(^^)
白くて綺麗なので、おもてなし料理にも良いかも♪
不思議な食感で、盛り上がる事間違いなし!デス。

▼参考
ユキノシタの天麩羅
高田郁 花散らしの雨 みをつくし料理帳より引用
-----------------------------------------------
外はさくさくで、中はもっちり。ほんのりした苦みがまた何とも爽やかで、こんな食い物、俺は知らねぇよぅ
あたしでもお酒が欲しくなっちまう。これは罪な味だよ
----------------------------------------------
と書かれている、やたら美味しそうな一品。
ウチのユキノシタは、味は殆どなく、苦味も爽やかさも感じられませんでしたが、食感はその通り!もっちり感がちょっと癖になる味わいです。
またこの本には、巻末にフキご飯のレシピもついてます(^^)

花散らしの雨 みをつくし料理帖

新品価格
¥617から
(2017/4/21 13:03時点)





▼みをつくし料理帳は全10巻 どの巻も美味しそうさハンパないです

みをつくし料理帖(全10巻) みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た 時代小説文庫)

新品価格
¥7,158から
(2017/4/21 13:05時点)



コメント
あぁそぅそぅ ウチにもホスタ(ギボウシ)があったはず・・ と探しにいって迷子になりました;;;
ネット検索しだすと すぐに脱線する私です。

タマノカンザシを3.4年前から育ててます。
・・1度も花を咲かせた事がありません ^^;;)
こんなもの 肥料なんて要らないだろうに。
これからどうしたものかと思っております。

春の献立ですね〜。
贅沢〜〜〜☆☆☆
ぁ この前 ご近所さんからの情報なんですが、天ぷらは「太白ゴマ油(透き通った方の)」で揚げると 普通のオイルが使えないくらいに美味しくできるそうです(本当かな〜???)
高いから なかなか思い切れないけど、今度 試してみようと思ってます。

春の山菜は特に贅沢ですよね〜。
生きる活力を頂けるって感じがします。
私の住んでる所から関ヶ原は近いのですが、その向こうにそびえてるのが「伊吹山」です。
伊吹山には 薬草農園が昔からあったような.. 気がします。
誰だったか 近くで山菜尽くしのお料理を頂いたと聞いたような..。
・・〇〇ような って うろ覚えですみません;;;
ハーブや薬草を知る事は好きなので、1度は行ってみたいと思ってます。

  • アルローラ
  • 2017/04/25 9:09 AM
アルローラさん こんにちは

ギボウシのタマカンザシって
香りが良い品種みたいですね♪
花が咲か・・ないんですね〜
逆に栄養が良すぎる?とか??
植物って、そういうトコ、よく分からなくて難しいですよね〜。

そのギボウシも食べられるのかしら?
春になると、あれもこれも食べてみたくなってしまう(笑
若い芽ってどれも美味しそう♪

天麩羅〜
私も、太白ゴマ油がカラっと揚がるって聞いた事があります。でも、本当に、あの油高いんですよね。む〜・・・無理ぃ・・orz・・

でも「普通のオイルが使えなくなっちゃう程」って言われると、試してみたくなっちゃう・・ケド普通のオイルが使えないと困るんで、む〜・・・考えちゃいますね(笑

伊吹山、調べてみました。
日本百名山の1つなんですね♪しかもお花もいっぱい咲くようで、なんて魅力的な山!登りたい!
山菜づくしのお料理も食べてみたいです(^^)/

あと、調べてて気が付いたのですが、「関ヶ原」って其処なんだ!(歴史と地理が全く結びついていない人デス)
イメージが、もっと海に近い方だったので、ビックリしました。
コメントする






   
この記事のトラックバックURL
トラックバック