profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


ヨモギを混ぜて焼いてみた
今日も冷凍したヨモギペーストを使って
レッツクッキング♪

▼これ


スコーンの生地です。

小麦粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖を入れて撹拌
 ↓
冷えたバターを入れ撹拌
 ↓
玉子と牛乳まぜたものと、
ヨモギペーストを入れ撹拌

撹拌は、フードプロセッサーを使ってます。
ガーっガーっとやってるうちに
生地ができちゃう!
凄いぞスコーン!簡単だスコーン!
超楽ちんクッキングです。
※ざっくり混ざってればOKらしい

▼適当に形を整えて


▼200℃ 20分オーブンで焼き上げ


綺麗に焼き上がりました!

▼パカッと割ったところ


春色〜♪

サクサクです!
草餅味っぽくなるかなぁ?
と思っていたのですが、そうでも無い感じ。
草餅の風味って餅の香りも大きく影響しているのかも?しれません。

バターが効いてるので、
香りはバターが強くでて、
でも、味わいの爽かさでヨモギがぐぐっと強くでてくる感じ。
爽やかで味わい深い、
なかなかに旨いスコーンに仕上がりました♪

スコーンといえば、
クロテットクリームとか生クリームがつきものですが、
コレにはそういうのは要らないかなぁ。
ヨモギスコーン単体で十分に美味しい(^^)
あったかい牛乳片手に、そのまま素朴に食べたい焼き菓子です♪

コメント
おぉ〜 今度は洋風のオヤツですか。
ぇ ヨモギの味とか香りって 焼くとそんなにしなくなるんですか?
お餅の味ね〜 フンフン あの味とヨモギが、そこはかとなく日本の味って感じなのかな。
味わいの爽やかさでヨモギ.. 分るような分かんないような;;;
(先日 薄くて小さなコイン型の ミント味のお煎餅を頂きました。 老舗のお店が作ってるようですが、大胆な行動に出たナって思いました^^;;)

スコーンって イギリスだったと思うのですが、あちらでは こういった物は入れないのでしょうかね。
タイムとか ローズマリーとか 入れたりするんかなぁ。。。

爽やかさがグッと出る感じに 温かなミルクで、ほっこりですね。
ぁ 今 なんとなく伝わってきました^^
  • アルローラ
  • 2017/04/27 10:06 AM
アルローラさん こんばんは

うむ〜ヨモギスコーン。
表現するのが難しいのですが、
ヨモギの香りが無くなるのではなくて、
バターの風味が強いので、ヨモギの香りをくるんじゃう?って感じかも。

バターの香りって強いんですよね(^^;)
でも、そんなバターに囲われても、食べてるとヨモギが、ぐぐっと次第に表にでてきて、爽やかな味わいになるんです。

その爽やかな感じが、草餅では無くて〜
なんだろ〜/(*-_-*)ヽ
知ってる感じなんだけど、なんだっけ?
と、悩んでたんですが、

「菊の花」の感じを、もっと草っぽくして、苦味もなくしてスッキリさせてた感じ(・・なんだそりゃ(笑))
スッキリするスース―感は、生のローズマリーを触った時のそれに近いような気もします。

フレッシュなヨモギを使っているからだと思いますが、
本当にスぅ〜とする後味なんですよね〜
(天麩羅もそんな感じです)

フレッシュヨモギ、
今日も採りに行っちゃいました(^^)が
芽が大きくなってきていたので、
そろそろ終わりかも〜
春ってあっと言う間に過ぎちゃいますね。
コメントする






   
この記事のトラックバックURL
トラックバック