profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


2017 鴻巣オープンガーデン その2
2017年鴻巣オープンガーデン
前回の続きです。

後半は、和の庭園から!
37番 落合庭

鯉・金魚が居る池があり、飛び石あり〜の
灯篭、庭石、溶岩石※まであるという
(※富士山の溶岩は昔は採取OKだったんだよね〜今は禁止です)
庭師が入っている本格的な日本庭園です。



お庭も広く、凹凸もあって
ちょっとした冒険気分が味わえ、楽しい!
このお庭、ずぅ〜と奥の方まで歩いていけるんです。
池には、アメンボも居て、ちょっとしたビオトープになっています。
ヤゴやゲンゴロウも居そうですよね〜♪

今はあまり花が咲いていませんが、
ちょっと前までは、ツツジが見事だったようです。
ツツジ→ユリ→紫陽花→水連→サルスベリなど
季節の花が楽しめるようになっているみたい。
下草も、ユキノシタ、ツワブキ、フキ、ミョウガと、和の食材(←?)がちりばめられていて、食べるの事にも困らなそうな完璧なお庭でした!



今年は、彫刻作家さんとのコラボだったらしく、
入り口付近には彫像が飾ってありました。
こういう趣向も面白いですね。

上の写真の右側の白っぽく見える花はカルミア(アメリカシャクナゲ)

▼カルミアの蕾ってお菓子みたいです。


和の庭だけあって、最近あまり見なくなった
▼アヤメもありました


カキツバタとかショウブの大きな花も素敵ですが、
シュっとした小さ目のアヤメの花の立ち姿、大好きです。

色々とお話しを伺って長居をしてしまったのですが、
玄関付近が割と自由な植栽エリアらしく、
▼こんな木も植えてありました。


この柑橘、なんと、シークヮーサーだそうです!!
へぇ〜(・∀・)!って、やたら感心していたら、
軽く1個、もいでくれたのですが、
ジューシーで凄く良い香りがあたりに漂って、素敵でした!

鴻巣の気候でもシークヮーサーがこんなに元気に育つとは!
驚きです!・・育てたい衝動に駆られる自分がヤバイ(^^;)


そして、最後は
69番 渡辺(松村)庭

渡辺(松村)庭は決して広くはないのですが、
とても素敵な和洋折衷(和寄り?)なお庭でした!



シェードガーデンというのでしょうか。
若干日陰なスペースに、
色んな花や草がたくさん植えてあります。



紫の葉のヒューケラの下に生えている苺は、ヘビ苺だそうです。
勝手に生えてきたのを、そのままにしてあるのだとか。
しっとりした植栽にこの真っ赤な苺が可愛らしい♪

▼これもヒューケラ


ヒューケラって色んな種類があるみたいですね。
葉と花がみんな違って、良いよね〜
自分好みのを見つけたい!
葉が食べられれば、より良いのですが〜
食べられないのかな?(←まだ言ってる)

▼ユリに、ギボウシ、シダ、カンゾウ(ユリ科)の黄色い蕾


とても落ち着く雰囲気なので、
日陰の庭も良いなぁ〜って思っちゃう。

奥に進むと、大きな芍薬が!


小さな花で彩られた庭に、絶妙なアクセント!
綺麗です♪

さらに奥に行くと
都忘れ、ヤグルマソウなど


ヤグルマソウ(ユキノシタ科)


矢車の形そのものですね!

花だけでなく、葉の形で楽しませてくれる庭、
色んな植物を見栄えよく植栽できるって、才能ですよね!
本当に凄いと思いますき

このお庭も、色んな発見が楽しくて、
また、隠れ家的な空間が心地がよくて、
ついつい長居をしてしまいました。

あ。渡辺(松村)庭にも
美味しそうに見えるカルミアがありましたヨ♪


まるで砂糖菓子ですね!


オープンガーデンの本当に楽しかったです(^^)
素敵な空間を解放してくださったオーナーの皆様に感謝です!


鴻巣市のオープンガーデンは、
今週末5月20日(土曜日)・21日(日曜日)も開催されますので、
お近くに来る機会がありましたら、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?
超おすすめで〜す!!


information
------------------------
鴻巣市オープンガーデン2017
5月13日(土曜日)・14日(日曜日)・20日(土曜日)・21日(日曜日)
公開時間:9:30〜16時

▼鴻巣市のご案内(外部リンク)
http://www.city.kounosu.saitama.jp/kanko/hana/1455525778974.html
------------------------

コメント
くはぁ〜 もぅ お腹いっぱいです ^^;;)
凄いですねぇ コレってほとんど個人宅ですよね?
凄い力の入れようだわ;;;
こちらだと 考えられない^^;;)
もっと大ざっぱだし まぁ良く言えば自然が多すぎて身近だから力が入らないのかも なんてねー^^;;)

落合庭 お金かかってますねー(゜_゜;)
こっちでも庭師さんが入るお庭はありますが、そこまで色々と植えてありません。
ビオトープ 美しく保存するって、手がかかりそうです。
下草も 根やランナーで増える者がほとんどだろうし、種類が多いとそれぞれの分量が増えたり減ったりで お世話 どうしてるんだろうって思います。
大変そうだわ〜;;;
・・自然に任せてるんかな?
(お腹に入りそうなのは 増えるとホクホクですよねppp)
シークヮサー 育つんですね。
それにしても立派な木だわ〜。何年ものでしょうかね。
・・どうされますか?(@´艸`)

渡辺庭、もぅ なんか プロっぽいですね。
そういったお仕事をされてるんじゃないですか?
普通 流行りのお庭って、パァ〜ッとした明るいお庭が多いんだけど、こういう凝ったシェードガーデンは もう一つレベルが高くて難しそうです。
控えめだけど そこかしこに秘めた綿密な計算がされてそうで、「う〜ん...」って唸っちゃいそうです。
参りました です。

ホント 美しくされてますよね〜。
田舎の雑多な庭とは違うわ〜;;;
こうして画面で見せてもらってても ため息がでます。
いいもの見せてもらったわ〜。
きっと 回ってらしても楽しかったでしょうねぇ。。。
お話されても 勉強になる事がいっぱいだったはず☆
いいな〜 羨ましいです。
ホント 一緒に廻りたかった〜〜〜(*≧▽≦*)


  • アルローラ
  • 2017/05/16 10:35 PM
アルローラさん こんばんは

本当に!
5軒のお家でご馳走をいただいた気分デス(^^)
眼によし、香りよし、雰囲気よし、そして色んな情報もいただいちゃって超満腹にさせていたきました!

日本庭園の落合庭、凄いですよね〜
たぶん、オープンガーデン直前にも職人さんが入っているんでしょうが、
下草は、あるべき所に丁度よくあるし、
植木の葉の照りも凄く綺麗だし、
普段から、結構手間をかけてるように見えましたが、
庭師の作った庭って、伸びる速度とかも色々と計算しつくされてそうで興味深いです。
なかなかこんな素敵な日本庭園を見る機会がないので、良い物見せてもらいました!

シークヮサー!
「レモンは枯れたけど、シークヮサーは枯れない」ってお話しで〜。ううう育ててみたい〜ヤバいっす〜(^^;)
※あ、鴻巣でも家によってはレモンも良く育ってるって話もしてました。日照とか、色々条件にもよるんでしょうね〜?

シェードガーデンの渡辺庭は、
そうですね!とってもプロっぽい(・∀・)!
あ〜アルローラさんと一緒に尋ねてたら、
そういうお話しも伺えたのか〜(≧m≦)

>勉強になる事がいっぱいだったはず☆
はい!
とっても勉強になる事は多かったのですが〜
レベル高すぎて、こりゃ真似できないゾ☆
と思いました。ざんね〜んヾ(´ε`*)ゝテヘ。
コメントする






   
この記事のトラックバックURL
トラックバック