profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

recommend

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫) (JUGEMレビュー »)
高田 郁
お料理がなんとも魅力的に書かれている小説。文体も読みやすく、人物も魅力的!シリーズ全ておススメです!

recommend

まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ
まるごとわかるオリーブの本―育てる・食べる・楽しむ (JUGEMレビュー »)
オリーブの本をつくる会
オリーブの育て方から加工方法、そして料理の方法まで紹介されている。写真が多く、図も多いので分かりやすい。オリーブ栽培を始める方に超オススメ。

recommend

もやしもん(1) (イブニングKC (106))
もやしもん(1) (イブニングKC (106)) (JUGEMレビュー »)
石川 雅之
発酵食品なんぞや。が楽しく分かる漫画。菌たちがかわいい!こんなですが、意外と専門性が高いかも。

recommend

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード (JUGEMレビュー »)
下田 敏子
こんな時にはこうするというのが分かりやすく書いてある。ぬか床110番は、入門者には分かりやすくて嬉しい。

recommend

乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け
乳酸菌でカラダいきいき! おウチでぬか漬け (JUGEMレビュー »)
宮尾 茂雄
切干大根のぬか漬けなどちょっと面白い食材のも乗っている。

recommend

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり (JUGEMレビュー »)
上岡 誉富
写真が多くて分かりやすい!こんな風に出来たらプランター栽培も楽しい!

archives


織部 酸化被膜除去(シブ抜き) クエン酸
陶芸〜忘れちゃいそうなので備忘録。

織部釉という緑色に発色する釉薬がある。
この釉薬、大きな窯で焼いたりすると、
表面に酸化被膜がかかって、メタリックくもりが出ちゃう事が多い。
これがかかると、微妙な緑になるので、
思ってたんと違う〜って感じになります(^^;)

こうなった場合、
透明感のある織部の緑にするために
渋抜きシブ抜き)という技があります。

昔は、トチシブと言う、
どんぐりや、クヌギの笠(袴)の部分を集めて、
水につけておいた汁を使ったために、
トチシブ抜きと言われ、
略してシブ抜きと言われてるみたい。

今は、このトチシブの代わりに、
薄めた塩酸や、サンポール(トイレの洗剤)を使う方法が良く知られていますが、
塩酸や希塩酸ってちょっとだけ使いたい時には、
ちょっとの量で売ってないし、購入の仕方も面倒。
食器にトイレのサンポールを使うってのも抵抗ある〜
また、結構、匂いもキツソウ・・・

って事で、
湯垢や水垢汚れのお掃除に良く使われている
クエン酸を使う方法を試してみました。

▼左半分がクエン酸液につけた後
織部・酸化被膜除去実験・クエン酸

被膜が取れて、綺麗な透明感ある緑が出ました!
分かりやすいように、半分だけ浸したのですが、
本当だったら、全部一気に浸した方が良いですね(^^;)

この後、のこり半分も処理してみました〜

▼シブ抜きをした物(下)としてない物(上)
織部・酸化被膜除去実験・クエン酸


LED蛍光灯の反射が強いので、
メタリックが強く見え、すごく違いが分かりやすい(笑

そしてシブ抜きした方の右側(後から処理した方)は
若干抜けが甘くて、よく見ると真ん中から色が違う(笑
クエン酸液の温度が下がった分、もう少し長く浸しておいた方が良かったかも。

シブ抜きした後の透明感のある織部って、とっても綺麗!
ちなみに、この器は、先生が作ったサンプル品です。
シンプルですが使い易そうな器♪
こんなタタラ作りの皿も家に1枚あると便利だよね(^^)


≪今回の手順とレシピ≫

1.最初に焼き物を水につけておく(酸が目地に沁み込まないように)

2.クエン酸溶液を用意する

 40℃〜60℃のお湯 1.5リットルくらいに
 クエン酸 60gくらいを溶かしました。

 今回25%くらいでやってみたのですが、
 結構、すぐに反応したので、
 温度や、浸す時間によっては、
 もっと薄くしてもよさそうです。

3.しばし待つ(30分〜1時間くらい)

4.浮いた被膜を、スポンジでやさしく洗い流す。
  水でよく洗って完了〜。
  酸が心配なら、少し水につけておいてもいいかも。

ちなみに、
→温度を高めにすると反応速度が速くなる。
→濃度を濃くすると反応速度が速くなる。
→時間を長くすれば、被膜が多くとれる。
って感じなので、温度が下がってきたら、長めに浸してあげるとか調整したらよいと思います。

被膜を取りすぎるとザラザラになったり、白っぽくなったりするみたいですが、
被膜が取れてくる様子は、よく観察してると、
煤が落ちてくるような、そんな感じて見えますので、
様子を見ながら浸し時間を調整すればよいかと思います。


▼クエン酸は(粉末タイプ)100円均一です!

クエン酸

100円で200g入ってて、
気軽に手に入るのが嬉しいですね(^^)/

今後、織部釉を使うのが、より楽しみになりました!
化学反応!面白いです!


コメント
焼き物って 科学ですね☆
たのしーーーー☆☆☆

織部は お刺身の舟形の大きなお皿を持ってます。
デパートに行ったら「名古屋の大きなイベントの帰りで、安くしとくよ」ってオジサンに言われ買っちゃいました^^;;)

とても分り易い実験をしていただいて有り難いです。
ホ〜ホ〜 こげに違うもんなんか。
コレ 教えてもらったら分るけど、「この被膜を取ってみなされ」って言われても お手上げです;;;
で サンポール....  それは ちょっとぉぉぉ....
(ウサギを飼ってた時 ケージの汚れを取るのに サンポールが一番でした)
やめてくれぇぇぇぇ。。。

  • アルローラ
  • 2017/09/18 9:08 PM
アルローラさん こんにちは

そうなんです!
焼き物って、だいぶ化学なんですよね♪

「緑色」って
なかなか下絵具では出ないので、
釉薬だのみなんですが、
織部くらいしか、透明感のある緑色が出ない。。
でも、その緑がくすみがちなので、
色々調べて実験してみました!
ちょうど先生が焼いたサンプル品があったので、使わせていただいたの。
ラッキー♪

織部の舟形の大きな刺身皿持ってらっしゃるのね!
素敵そう(^^)いいなぁ♪
お刺身、映えますよね〜織部♪

売ってるちゃんとした織部は、
概ね薄い塩酸で処理して、その後中和して(最後に薄い重曹で中和するといいらしい)売ってるんだと思います。

今回、実際やってみて、
こんなに綺麗になるのなら、早くやっとくべきだった!
と思いました(^^)

サンポールはね〜
ただの洗剤だと分かっていても・・ね〜(^^;)
イメージと香りがね(^^;)




コメントする






   
この記事のトラックバックURL
トラックバック